オーダーカーテンと家具の専門店 トレド|新潟市中央区

電話番号:025-224-0576

お知らせ・イベント情報

2017年11月7日

納品事例 A様邸のご紹介

こんにちは、トレドです。

本日はご新築にあたり カーテン+家具+ウォールペイントをご利用いただきました、A様邸のご紹介です。

まずはリビングスペースから見ていきましょう♪

ドレープカーテンは「DESIGNERS GUILD デザイナーズギルド」という1970年にロンドンで設立されブランドの生地をお選びいただきました。

ロンドンというとモダンなイメージですが、東欧のデコラティブなデザインや東南アジアのオリエンタルな雰囲気、イタリアの建築などからインスピレーションを受けてデザインされているので斬新で鮮やかな生地がばかりです。

こちらの生地は蓮の花をに水が流れているようなデザインで、大柄ですが品を感じます。

カーテンのイエローとペイントのブルーは上級コーディネートですね☆彡

ドレープだけでなくレースもしっかりこだわっています。

柄のドレープに柄のレースでもお色のトーンを合わせれば違和感なく華やかに仕上がります。

レースは無地にしがちですが、日中お家にいるときはレースを広げていることがほとんどなので

カラーレースや柄の入ったレースもおすすめです。

ホワイトのシーリングファンが回っている吹抜けには電動式のプレーンシェードを設置致しました。

レースのみですが、格子状に織られている珍しい生地なので存在感抜群です!

ちなみに、吹抜けという事もあり、リモコンひとつで楽々な電動での操作です。

 

続きまして、ダイニングを見ていきましょう。

ダイニングの窓には木製ブラインドを取り付けました。

ホワイトの羽にマスタードカラーのラダーテープをお選びいただきました。

ラダーテープはブラインドの穴を隠す効果があるのですが、このようにアクセントカラーを入れることでインテリア性も高まりますね。

また、ラダーテープの組み合わせでガラッとブラインドの雰囲気が変わるので色で遊ぶのも面白いです。

お食事のスペースには高山ウッドワークスのダイニングテーブルとチェアをお選びいただきました。

お部屋の明るく柔らかい雰囲気に合わせて、オーク材の天板にブラックチェリー材の脚でのお作りです。

当店人気No,1のキャプテンチェアもブラックチェリー材とオークの組み合わせです。

木材削りたての明るいお色も素敵ですが、経年変化でお色が濃く、艶が増していくのがとっても楽しみですね♪

リビングから広がる壁色がキッチン収納のホワイトともマッチしてますね。

壁に色を入れるだけで印象が変わり一気に海外の住宅のようです。

 

A様邸では「カーテン+家具+ウォールペイント」でのトータルコーディネートさせて頂きました。

お家は1つ1つのコーディネートがとっても大切ですので、ご新築の方やリフォームの方はぜひご相談くださいませ。

お客様の住まいのイメージを膨らませていきましょう♪

A様この度は、当店をご利用いただきありがとうございました。

 

https://c-toledo.amebaownd.com/

 

お知らせ・ブログの一覧へ戻る

トップへ戻る