チェア

66チェア_minä perhonen dop tambourine

_--
_--

アルヴァ・アアルトが手掛けた<66 チェア>は、キッチンやカフェで見かける伝統的な木製椅子の原点ともいえる、シンプルで分かりやすい構造と普遍的なデザインをしています。頑丈なフィンランド産のバーチ材を用いた広めの背もたれは、腰掛けると程よくしなることで快適にくつろぐことができ、その大きく穴のあいたデザインは持ち運びにも便利です。ベーシックなバーチのクリアラッカー仕上のほか、さまざまな色と仕上げのバリエーションを揃えています。

張地に使用されているのが ミナ ペルホネンが開発した新素材の生地“dop”。
両面モールスキンのファブリックを用いたダブルフェイスの生地は、使い込むうちに表面の糸が擦り減ることで
裏面の色が現れてくる性質を持ち、永く愛用できるよう考えられデザインされました。
刺繍のドットが集まってできるtambourine(タンバリン)は、2000年に登場してから大人気のスタンダードな柄です。

【サイズ】
W39×D42×H78/脚43.5(cm)

送料区分A

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥59,000(税別)

素材

数量  

SOLD OUT