Herman Miller(ハーマンミラー)

ハーマンミラーの108年の歴史

ハーマンミラーの歴史が始まるのは1923年。100年の歴史を持つ家具メーカーです。ミシガン州西部のビジネスマン「ハーマン・ミラー」は、娘婿のD.J.デプリーと共にミシガン州の「スターファニチャーカンパニー」を1923年に買収。ハーマン・ミラー社の歴史はそこから始まります。当初は家庭向けの家具を扱う小さな家具メーカーでしたが、その後現代的なデザインの家具が消費者ニーズを満たすことに気づき、大きく方向転換。家庭とオフィス、両方を対象としたモダンデザインの家具メーカーとして広く知られる企業に成長していきます。

ハーマンミラー社は当時とても活躍していたデザイナーとパートナー関係を築き始めます。1946年にはジョージ・ネルソンがデザインディレクターに就任。そのネルソンの紹介で、チャールズ&レイ・イームズがパートナーとして参加し、優れたデザインの家具が次々と生まれていきます。その他にもイサム・ノグチ、ギルバート・ローディ、アレキサンダー・ジラードなどがパートナーとなり、ハーマンミラー社は世界的なモダン家具デザインメーカーとして確立、世界中の卓越したデザイナー達とハーマンミラーはコラボレーションしていきました。彼らの製品は、現在のインダストリアルデザインに多大な影響を与えることとなります。

より良い製品をデザインするだけでなく、より良い世界を作るためにも取り組んでいます。

2004年、ハーマン・ミラー社は環境への配慮から、100%再生可能な電力を使用、業務上発生するCO2をゼロにするなど、大きな環境目標を設定します。それからわずか10年、CO2は91%削減、電力に関しては100%再生資源により得られるようになりました。また製品の耐久性、リサイクル率を上げるべく、繰り返し使え、修理、再生、そして維持が用意な製品を生み出すことを常に目指しています。製品の見た目だけを追求するのではなく、環境への配慮までしっかり考えるこの姿勢こそ、ハーマンミラー社の大きな特徴でもあります。

ハーマンミラーの歴史を彩る名作

人間は、何世紀にもわたって「座る」という行為を続けてきました。ハーマン・ミラー社は「座るという行為に関して、美しいデザイン、快適性、そしてサポート力を等しく提供するにはどうすればよいか」という問題に常に取り組んできました。古典的名作として名高い「イームズラウンジチェア&オットマン」から革新的な「アーロンチェア」まで、100年前から様々な名作を生み出しています。

ワークスペースを、より機能的で創造的な空間へ。

食事から会議まで、エレガントなスタイルからカジュアルなスタイルまで。ハーマン・ミラー社は数々のデスクやダイニングテーブルも制作。イームズ、ネルソンといったデザインの巨匠が生み出した作品が、生活や仕事でテーブルを囲む多くのシーンで活躍しています。

様々な製品とその考え方を通じて、使う人が心地良く快適に仕事をする環境をデザインしているハーマン・ミラー社。家庭はもちろん、一般企業から自宅のオフィスまで、どんな環境でも心地良く、より機能的で創造的な空間を作ります。「ワークスペースを、より機能的で創造的な空間へ。」それがハーマンミラーの全商品に共通する製品コンセプト。みなさまの創造性やモチベーションは、よりいっそう高まることでしょう。

お問い合わせ・ショールーム

Hermanmiller(ハーマンミラー)の商品は当店ショールームで展示しております。ご興味のある方は、是非当店にご来店し、その魅力を実物で是非ご覧ください。また商品についてのご質問、気になる点などございましたらこちらまでご連絡ください。

〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代3丁目5-36
TEL.025-255-5502
FAX.025-255-5503
10:30〜19:00(水曜日定休)