カーテンを選ぶポイント

 

カーテンを選ぶポイント

オーダーカーテンを選ぶポイントは様々。生地の見た目はもちろん、そのサイズや生地の素材、縫製の方法にいたるまで、様々な要素をカスタマイズできます。また同じ生地でも、取り付け方によってその雰囲気は大きく変わります。トレドではみなさまに最適なオーダーカーテンの選び方をお伝えします。

①生地の種類を決める

素材には大きく分けて、自然素材と化学繊維のふたつに分かれます。素材によってお部屋の印象やお手入れの方法が変わりますので、メリット・デメリットをしっかり理解しましょう。

 

リネン(自然素材・麻)

リネン(麻)は、心地良い質感に加え、丈夫で染色性が高いです。色や柄を楽しむことができますが、自然素材のため太陽光に弱く、変色しやすいです。また一般的な水洗いでは縮む場合があります。

コットン(自然素材・綿)

コットンはリネン同様、自然素材でできています。心地良い質感や高い染色性が特徴ですが、太陽光に弱く、変色しやすいです。また一般的な水洗いでは縮む場合があります。

ポリエステル(化学繊維)

さらっとした手触り感があり、吸湿性、染色性ともに優れています。 ただし帯電をしやすく、汚れるとなかなか落ちにくい性質をもっています。

 

②縫製(ヒダ)の種類を決める

カーテンヒダもカーテン選びのポイント。生地の素材や柄でスタイルが変わっていきます。

 

1.5倍ヒダタイプ

一般的なカーテンに用いられるスタイル。仕上がりの1.5倍の生地を使う縫製で、ウェーブが少なく、控えめでシンプルな印象になります。

2倍ヒダタイプ

オーダーカーテンに多く用いられるスタイル。仕上がりの2倍の生地を使う縫製で、ヒダが深くウェーブがハッキリし、美しい仕上がりになります。

フラットタイプ

ヒダを作らないシンプルなスタイルです。仕上がり巾をレールの長さの1.2〜1.3倍程度にすると自然なウェーブになります。

 

③遮光の加減を決める

お部屋の場所や窓の位置、ライフスタイルに合わせて使い分けしましょう。また遮光カーテンでも生地によって遮光率が異なりますので、しっかりと現物を確かめながら選びましょう。

 

標準カーテン

遮光率99.39%以下のカーテン。外からの光を完全に遮断することは出来ませんが、豊富な柄・素材から選ぶことができます。

遮光カーテン

遮光率99.4%以上のカーテン。朝日が眩しい寝室や、西日の強いお部屋に使われることが多いです。

 

④取り付けパターンを決める

カーテンの取り付け方にもカーテンの印象がガラリと変わります。窓の位置や障害物などがある部屋によっても、様々な取り付け方が選べます。

 

正面付

オーソドックスな取り付け方。カーテン・カーテンレールレールなども選ぶ幅が多く、色々な楽しみ方ができます。

内付

窓枠内に納める取り付け方です。壁とフラットになるので、スッキリとした印象を得られます。

レース前・ドレープ後付

透過性のあるレースカーテンを手前、ドレープカーテンを背面にする取り付け方です。色調が柔らかく、上品な印象になります。

 

トレドのオーダーカーテン

 

豊富な種類、材質

カーテンもお部屋の彩りを加えるひとつのものとして、最適な色や柄をお選び頂けるように様々な種類のカーテンをご用意しております。

経験に基づく視点

カーテンでわからない部分、ご不明な部分を、今までの経験や施工の視点などから一緒に考え、お話させていただきます。

環境を踏まえたご提案

トレドではカーテンを末永く使って頂くために、生活スタイルや環境に合ったカーテンを一緒に考え、お話させて頂いております。

 

オーダーカーテンをはじめとする、当店が実際に施工した納品事例をこちらよりご覧いただけます。オーダーカーテンやインテリアの参考としてご覧ください。

 

お問い合わせ・ショールーム

    〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代3丁目5-36
    TEL.025-255-5502
    FAX.025-255-5503
    10:30〜19:00(水曜日定休)