fbpx

オーダーカーテンと家具の専門店 トレド|新潟市中央区

電話番号:025-224-0576

お知らせ・イベント情報

2018年03月30日

カーテンの組み合わせ

こんにちは、トレドです。

カーテントレドとして会社を設立して10年が経ちましたが

当時カーテンを取り付けたお客さまから、ありがたいことに掛け替えのご要望を数多くいただいております。

カーテンは布地なので、長い年月お使いいただくと、どうしても傷みや、汚れが出てきてしまいます。

そこで、カーテン掛け替えのお客様から

「今使っているカーテンのイメージをガラッと変えたい」

といったお声を頂戴します。お引越し当初はシンプルな無地をお選びいただいたお客様ほど

そういったご要望が多い気がします。

という事で本日は、お部屋の雰囲気がガラッと変わるようなカーテンの組み合わせや

コーディネートのポイントをご紹介していきたいと思います。

 

①色×色

ブルーのドレープとイエローのレースの組み合わせです。

少し挑戦的ですが、こちらの組み合わせ、実は反対色の組み合わせなので相性がとっても良いのです!

反対色は、色と色をまぜるとグレーになる組み合わせのことなのですが

イエローとブルーは絵画やインテリアにも多く使われており、気分が落ち着く色と言われています。

 

②色・素材感を合わせる

レースにはリネンを、ドレープにはレーヨン(絹を似せて作った糸)の刺繍があしらわれた生地の組み合わせです。

素材感を合わせる事によって統一感がうまれ、ナチュラルテイストに仕上がります。

ラグや、ソファも同系色のアイボリーや、ベージュで合わせるとあたたかな雰囲気になります。

 

③ラインを合わせる

 

シワ加工のほどこされたドレープにステッチが入ったレースを組み合わせています。

シワ加工もステッチもタテのラインが走っています。

ストライプにはストライプを。ボーダーにはボーダーを合わせると

違和感なくうまくマッチします。

 

④存在感のあるレースにはホワイトのドレープがおすすめ

レースには華やかな刺繍がほどこされた生地が豊富で色が入った刺繍も人気があります。

その際に、ホワイトのドレープを合わせると上品で大人可愛い雰囲気に仕上がります。

画像のドレープもホワイトですが、のっぺりした生地ではなく光沢感のある生地なので刺繍の入ったレースにも負けていません。

 

生地に触れて厚みやハリ、色の発色などを実際に見ていただくと

カーテンの組み合わせやお部屋の相性もイメージしやすくなるかと思います。

ぜひ、お待ちしております。

お知らせ・ブログの一覧へ戻る

トップへ戻る