照明

A110 ペンダント 手榴弾

291_001_41_Q
291_001_41_Q
291_001_41_Q

その形から「手榴弾」とも称されるは、1952年にアアルトがフィンランド技術協会のプロジェクトのためにデザインし、 アアルトの代表的な建築の一つであるセイナッツァロ役場の会議室でも使用されていました。 スチール製の本体に、穴をあけた真鍮のリングをランプシェードの下に取り付けた構造により、 リングの穴から光は輪のように拡散され、柔らかく温かな光として放たれます。

【サイズ】

全長125cm(器具込み)

送料区分S

 

在庫状態 : 受注生産品

販売価格  ¥46,000(税別)

素材

数量  

SOLD OUT