ダイニングテーブル

WT32 oval table 1350

WT32
WT32

円卓スタイルで楽しく囲む団らんテーブル

美しいオーバル天板に丸みのある脚を合わせた、柔らかく爽やかな印象のダイニングテーブル。脚の位置の工夫により、円卓のように囲んで座れます。スッキリとスマートな脚は圧迫感が少なく、間取りの狭いお部屋やマンションにもよく似合います。また独特な脚の位置により、全員が中心を向くように座ることができます。角がひとつもなく、丸みのあるフォルムは小さなお子様にも安心です。
また天板の鮮やかな木目は無垢材の最高品質「FASランク」の採用に裏付けされています。熟練の木取り職人が素材の組み合わせからバランスまでを目で確かめながら調整します。

高山ウッドワークス

高山ウッドワークスの職人は、材料の製材から、完成品の梱包までを一貫して行います。組み立てに用いるのは、1本の釘も使わずに木と木を組み合わせる「ちぎり」技法。木を知り尽くした熟練の職人技が創り出す美しく強靭な家具には、人の手で作った温もりがあります。
千年以上の歴史を持つ飛騨高山の匠の技と、モダンデザインの融合。天然無垢の温かな風合いと木の特質を最大限に生かした強靭さ、シンプルでありながら洗練されたフォルム、長く使うほど深まる風合い。その魅力、素晴らしさをトレドがお届けします。

デザイナー 岩倉榮利

1948年福島生まれ。1968年郡山デザインセンターを経て、1970年I.C.S(インテリアデザイン科)卒業、同年(株)島崎信デザイン研究所に入所。1975年フリーランス・デザイナーとして独立。
岩倉は、職人たちを技術の伝道者として招き、その受け皿として木工に興味を持つ美術学校の若者を募ります。高山ウッドワークスの前身「クラハウス」は、技術継承と雇用の問題を解消し、高い品質と生産性を兼ね揃えた工房として、1995年に誕生しました。
デザイナー岩倉榮利が打ち出したのは、生活道具から空間づくりまでトータルにデザインする新しい「和モダン」。そしてモダンデザインと飛騨高山の長い歴史が培った「伝統技術の融合」。
高山ウッドワークス誕生から20年が過ぎましたが、この古くて新しい方向性デザインコンセプトが、私たち日本人の感性に溶け込んできたことは、ほとんどの商品が発売当時から今に至るまで愛し続けられていることに表れています。

【サイズ】
W1,350 × D900 × H700mm

【素材】
ウォールナット材
ウォールナット材+オーク材
オーク材
※ウォールナット仕様:納期3週間

搬入するサイズ、数量によって配送料が変更となる場合がございます。 また搬入時に吊上げなどの作業が必要となる場合、別途ご連絡及びお見積をさせていただきます。

【納期】
受注生産品のため、お届けに3週間~4週間ほどかかります。

在庫状態 : 受注生産品

販売価格  ¥181,000(税別)

素材

数量  

SOLD OUT