ニュース・ブログ

【インテリアショップ店員が考える】後悔しないダイニングテーブルの選び方【サイズ編】

   

 

【1.ダイニングテーブルサイズ問題】

私の家のダイニングテーブル、妥当なサイズはどれくらい?

トレドで取扱いのあるダイニングテーブルはタテ×ヨコ×高さ、サイズのオーダーができます。

天板は形は四角かオーバル。制限はありますが、他のかたちのご用意もあります。また脚のタイプも数種類から選べます。

選択肢が無限に広がったときには何を決め手にしたら良いのでしょう?

ダイニングテーブルはそう簡単に買い替える物ではありません。

「大きすぎた!」 「使いづらい!」

と買ってから後悔する前に、サイズ選びのポイントをご紹介します。

 

【2.サイズの決め手となるものは】

これだけ選択肢があるということは、とても幅広いニーズがあるということ。

私たちが何をもとにテーブルのサイズを決め、お客様にオススメするかというと

2-1.使用環境のヒアリング

■ 部屋の大きさ

■ テーブルの使用人数(どこに何人座るか)

■ ドアやカウンター、その他の家具との干渉

■イスの座面高さとテーブル天板の高さ

■お客様を招く頻度(使用人数が増えることはよくある?)

■脚の形は邪魔にならないか

 

2-2.快適にお使いいただくノウハウをご提供

たとえば...

●人がスムーズに通れるのは70センチ

●食事の時に狭いと感じないために必要なスペース

●小柄な人はイスの座面が高いと足が浮いて座りにくいので高さの配慮が必要

●ゆったりとした低めのイスに合わせるならテーブルも低め、テーブル脚は邪魔にならないものを選ぶ

などなど...

 

【3.ご相談いただくのが一番の近道】

まずは、実際にお店で見て座っていただき、私たちのご提供するイスとテーブルのある生活をイメージしていただきたいと思います。

ただ、お店でご覧になるのと実際に部屋に置くのではサイズ感に大きな違いがあります。

お店では広いフロア、高い天井のスペースに展示してあるため、家具は小さく見えるんです。

お話を伺い、住いの間取り図など拝見しながらお客様のお部屋に最適なサイズをご提案したいと思います。

 

 

【おわりに】

ダイニングテーブルは「こころとからだにとって重要な『食事』という時間を共に過ごす特別な家具」です。

毎日使うものの小さな違和感はやがて大きなストレスになります。

トレドでは何年たってもお客様に快適な家具であり続けるように、失敗しない、後悔しないお買い物のお手伝いができればと考えています。

ダイニングセットをご検討のお客様、ぜひ当店へご相談ください。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。