ニュース・ブログ

【これでわかる】失敗しないソファサイズの選び方【ラグもあわせて!】

ソファを選ぶ基準は、ゆったりと座ることと。脚を伸ばせるようにカウチ付き。

深く寛げるハイバックか、圧迫感のないローソファ?

そもそもお店で見ると家に入れたサイズ感が分からない!

ソファのサイズって中々分かりませんよね。しかし重要。安心してください、間取り図があれば大体の目安はつきますよ。

①基準はお部屋の大きさ

まずはお部屋の広さが基準になります。

「どこに、何を、置くか」

ソファを置く予定のお部屋には他にどんな家具を置きますか?

テレビ台、チェスト、ローテーブル…生活に必要なものを配置して

窓、ドア、扉の干渉 (これ重要ポイント!)

例えば、掃出し窓の前をドーンとソファでふさいでしまったら、せっかくの多くな窓がもったいない。

扉の開け閉め、その都度ソファが干渉してしまうなら、生活のストレスになりますよね。

②人が無理なく通れる幅、75センチを確保

家具を配置して余ったスペース(通るスペース)に75cmを確保できるサイズをお勧めします。

ソファを置いた状態でそのスペースを確保しなければなりません。

もしくは、最重要家具としてソファを中心に考えて、ほかの家具のサイズを小さく、又は無しにして75㎝を確保します。

※インテリアショップ店員としてはソファ中心プラン推しです。なぜならソファは部屋の中心、主役だから。家族でテレビを見ますよね?来客があったときはソファに通しますよね?夕食を食べて一息つくのは?

③ついでにラグを買いましょう

ラグは視覚的に空間を区切る非常に有効なインテリアです。ソファを置くならラグはマストアイテム。マストアイテムです!!

お部屋の大きさにもよりますが、幅はソファより一回り大きいものが良いでしょう。

カラーもソファに合わせてチョイスするとハイセンスなお部屋になります。様々な種類がありますが、自身が気持ちいいと思える肌触り(脚ざわり?)のものを。

④ソファは腰けるものではなく、脚を上げて寛ぎましょう。

ソファが何となく椅子の延長線上にある感覚なのは日本人に床(畳)に座る文化が根付いているからでしょうか。

ソファの種類にもよりますが、ほとんどがソファの上に脚を上げた方がゆったりと過ごせます。

ぜひ実践してみてください。

 

以上、ソファ選びのあれこれでした。

 

【併せて読みたいインテリアの選び方】

●後悔しないダイニングテーブル(サイズ)の選び方→こちら

●ダイニングチェアの選び方→こちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。